神戸市
神戸市総合コールセンター よくある質問と回答

 ライフステージから探す


 カテゴリから探す


    (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


  FAQ詳細

最終更新日:2017/10/02

FAQ ID        FAQ000005600
カテゴリ 戸籍・届け出・証明 / 戸籍
質問
戸籍の附票とは何ですか?
回答

戸籍の附票とは、本籍地の市区町村に戸籍とともに保管されている書類で、その戸籍が作られてから(またはその戸籍に入籍してから)の住所の異動が記録されたものです(ただし保存年限が改製又は除票となってから5年間となっているため、必要な住所の証明ができない場合があります)。

■附票の種類(戸籍附票及び除附票)
【全員の写し】
同じ戸籍に属する人全員について証明します。
【一部の写し】
同じ戸籍に属する人のうち、一部の人についてのみ証明します(2名以上の連名も可能です)。

■便利な使いみち
戸籍の附票には今までの住所が記録されていますので、引越しをした人が、いくつか前の住所から今の住所までを証明したい場合に、この証明をとることで証明できます。
※ただし、本籍を変更(転籍)していると、附票には現在の戸籍が作られた日以降の住所しか記録されていません。

■注意事項
・現在の戸籍の附票に、必要とする住所がすべて載っていない場合には、転籍前の戸籍の除附票をとることになります。郵便での請求の場合、「どの住所からどの住所まで」を証明する必要があるのか申請書にお書き添えいただくと、ご希望に添う証明をお探しできる場合もあります。(ただし、転籍から5年以上経過していると発行されないことが多いため転籍前の本籍地にお問い合わせください。)
・結婚などで、親の戸籍から独立して夫婦の戸籍を作った場合も同様で、結婚後の戸籍の附票には婚姻届を出した時点以降の住所しか記録されていませんので、結婚前の住所にさかのぼって証明したい場合は、(自分が結婚した時点での)親の戸籍の附票をとることになります
・全員除籍になると除附票、改製されると改製前附票となり、除附票・改製前附票になってから5年以上経過すると発行されませんがコンピュータ化後除籍になった除附票は現在のところ発行しています。コンピュータ化による除附票は10年間発行します。詳しくは本籍地の区役所に確認してください。

【平成改製戸籍の除附票について】神戸市では戸籍をコンピュータ化し改製しました。この以前と以後で戸籍附票が分かれています。改製前の戸籍附票を「平成改製戸籍の除附票」として証明しています。 附票証明を取得される場合、どこからどこまでの住所履歴が必要なのか、あるいは現住所の証明ができればよいのか、を申請書に記入してください。改製日の前の住民登録地の証明も必要になる場合、証明書は2通必要です。
※神戸市では、コンピュータ化による改製前の附票については、10年間保存としています。(ただし、東灘区・北区・長田区・垂水区・西区の5区については、改製から10年経過したため廃棄しました。)


※詳しくは各区市民課にお問い合わせください。



<問合せ先>
区役所市民課、支所市民課、出張所

***** 関連FAQ *****
戸籍の附票のとり方を教えてください。

参考リンク 戸籍の附票について
担当部局 市民参画推進局参画推進部 / 区政振興課指導係
電話番号 078-322-5072

この情報は役に立ちましたか?
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください(全角500文字以内でご記入ください)