神戸市
神戸市総合コールセンター よくある質問と回答

 ライフステージから探す


 カテゴリから探す


    (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


  FAQ詳細

最終更新日:2017/11/12

FAQ ID        FAQ000018900
カテゴリ 医療・健康・社会保険・年金 / 国民年金
ライフステージ 就職・退職 / 退職・転職
質問
退職して失業保険を受給していますが、いずれ夫の扶養に入る予定です。いつから第3号被保険者になれますか?
回答
失業保険の基本日額により加入する被保険者の種類が異なります。

国民年金の第3号被保険者は、厚生年金の加入者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者が該当します。
第3号被保険者としての条件は、
 ・本人(被扶養配偶者)の年収が130万円未満で、
 ・配偶者(厚生年金等の加入者)の年収の半分未満の時
となりますが、失業保険を受給中の場合には、受給期間中の総収入ではなく日額で判定されます。
具体的には、基本日額が130万円を360日で割った3,612円以上の額を受給中であれば第3号被保険者には該当しません。

したがって、失業保険を受給中でも、基本日額が3,612円未満の場合には第3号被保険者となり、
3,612円以上の場合には第1号被保険者となります。

■第1号被保険者になる場合
お住まいの区の区役所(北須磨地区は北須磨支所)の国保年金係に資格取得届を提出してください。
その際は、年金手帳、雇用保険受給資格者証、印かんをお持ちください。手続きは14日以内となります。

■第3号被保険者になる場合
第3被保険者の届出は、配偶者の勤務先を通じて行ってください。
区役所・支所への届出は必要ありません。

くわしくは、お住まいの区の区役所(北須磨地区は北須磨支所)の国保年金係へお問合せください。

<問合せ先>
区役所・北須磨支所 国保年金係
担当部局 保健福祉局高齢福祉部 / 国保年金医療課国民年金係
電話番号 078-322-5207

この情報は役に立ちましたか?
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください(全角500文字以内でご記入ください)