神戸市
神戸市総合コールセンター よくある質問と回答

 ライフステージから探す


 カテゴリから探す


    (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


  FAQ詳細

最終更新日:2019/10/09

FAQ ID        FAQ000026400
カテゴリ 税 / 市民税
ライフステージ 就職・退職 / 退職・転職
質問
退職した場合、市県民税(市民税/住民税)はどうやって納付するのですか?
回答
給与所得者の場合、原則として6月から翌年5月までの12回分割で給与から差し引かれます。
退職した場合、給与から差し引かれなくなるため、次の方法のどちらかで納めていただきます。

(1)市民税課(個人市民税担当)から納税通知書をお送りして、残りの税額を納付書で納めていただく方法

(2)退職時の給与から残りの税額を一括で差し引いて納める方法
  (1月から4月までに退職された場合は、原則こちらの方法になります。)

ご不明な場合は、勤務先もしくは法人税務課(特別徴収担当)にお問合せください。

■退職金に対する住民税について
翌年度課税をせずに退職金から一括で差し引かれます。
この場合、翌年の住民税の計算には反映しません。
担当部局 行財政局税務部 / 市民税課課税指導担当
電話番号 078-647-9352

この情報は役に立ちましたか?
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください(全角500文字以内でご記入ください)