神戸市
神戸市総合コールセンター よくある質問と回答

 ライフステージから探す


 カテゴリから探す


    (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


  FAQ詳細

最終更新日:2018/06/27

FAQ ID        FAQ000046000
カテゴリ 医療・健康・社会保険・年金 / 難病・特定疾患
質問
難病と診断されたのですが、何か利用できる制度はありますか?
回答
難病と診断された方は、
・指定難病医療費助成(※)により 医療費の公費負担が受けられます。
・障害福祉サービス等をご利用いただけます。
・障害の程度により、身体障害者手帳の交付・介護保険の要介護認定を受けられる場合があります。
・神戸市内の施設利用料の減免がある場合があります。
※小児の場合、小児慢性特定疾病医療費助成

■医療費の公費負担
兵庫県の審査により対象患者であると決定されると、「特定医療費(指定難病)受給者証」が交付されます。
・医療費助成の対象331疾患です。
・各疾患ごとに所定の診断書を難病指定医に記載してもらう必要があります。
・申請書類は各区保健福祉部あんしんすこやか係で入手できる他、神戸市のホームページからダウンロードすることも可能です。
http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/promotion/intractable/assistance.html
   
■障害福祉サービス等の利用
障害福祉サービス(ホームヘルプ等)、日常生活用具及び補装具をご利用いただけます。
※障害者手帳を取得していなくてもご利用いただけますが、対象疾患であることを証明する書類(特定医療費(指定難病)受給者証や医師意見書 等)が必要となります。
詳しくはお住まいの区の区役所や支所の保健福祉部にご相談のうえ、申請してください。

■身体障害者手帳の交付
お住まいの区の区役所や支所の保健福祉部にご相談のうえ、申請してください。

■介護保険要介護認定
介護保険の加入者が、申請をして、市から要介護または要支援の状態と認定された場合に、
介護保険制度によるサービスを受けることができます。
お住まいの区役所・支所の介護医療係までご相談ください。

■神戸市内の施設利用料の減免
特定医療費(指定難病)受給者証、
先天性血液凝固因子障害医療受給者証(兵庫県知事発行)、
障害者手帳、
等を施設の窓口で提示することにより、入園料が減免されます。
詳細は各施設までお問合せください。

例)王子動物園、神戸ポートタワー、しあわせの村、こうべ市民福祉交流センター 等

■小児慢性特定疾病治療費助成研究事業
・対象は、神戸市に居住し、小児慢性特定疾患にり患している原則として18歳未満の児童。
 ただし、18歳になる時点で給付を受けている場合は、20歳未満まで受給できます。
・治療対象疾病であると決定されると、医療受給者証が発行されます。
・申請手続きはお住まいの区の区役所・支所の健康福祉課・保健福祉課で受け付けます。

<問合せ先>
・保健福祉局保健所調整課 電話:(078)322-6517
区役所・支所(代表)

***** 関連FAQ *****
身体障害者手帳の交付について教えてください。
介護保険について教えてください。
参考リンク 特定疾患患者の医療費助成制度 難病情報センター(財団法人難病医学研究財団)
担当部局 保健福祉局保健所 / 調整課疾病対策係
電話番号 078-322-6517

この情報は役に立ちましたか?
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください(全角500文字以内でご記入ください)