神戸市
神戸市総合コールセンター よくある質問と回答

 ライフステージから探す


 カテゴリから探す


    (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


  FAQ詳細

最終更新日:2017/04/09

FAQ ID        FAQ000047100
カテゴリ 医療・健康・社会保険・年金 / 食中毒・食品衛生
質問
感染性胃腸炎(ノロウイルス)について教えてください。
回答
例年11月頃から、ノロウイルスなどを原因とする感染性胃腸炎が流行します。
手洗い等感染予防策の徹底と、感染拡大予防にも注意してください。

■症状
主な症状は、吐き気・嘔吐・下痢・腹痛で発熱は軽度です。
潜伏期間は24~48時間で、発症後およそ2、3日程度で軽快します。

■予防方法
1.二枚貝は、中心部まで十分加熱調理(85℃~90℃、1分以上)しましょう。
2.手洗い、うがいを励行し、調理器具は十分に洗浄し、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)
や熱湯で消毒しましょう。
3.下痢便や嘔吐物等を処理する時は、使い捨ての手袋・マスク・エプロンを着用し、汚物が飛び散らないように密閉して捨てます。汚染された場所は次亜塩素酸ナトリウムに浸したペーパータオル等で広範囲に消毒しましょう。

■感染経路
ノロウイルスは、次のような場合に感染すると言われています。
・汚染された貝類を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
・食品の取扱者が感染しており、その人の手指などを介して汚染された食品を食べた場合
・患者の便や嘔吐物などの処理を介してウイルスが口に入った場合
また、家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ直接感染するケースもあるといわれています。

■感染した患者の吐ぶつ等の取扱
患者の吐物や便の中には大量のウイルスがあります。
使い捨てのマスクと手袋・エプロンを着用し汚物中のウイルスが飛び散らないように、便、嘔吐物をペーパータオル等で覆い、次亜塩素酸ナトリウム(例えば市販品の台所用漂白剤)をかけ(約10分間放置)、静かに拭き取ります。便や嘔吐物が付着した床等は、次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭き取ります。
拭き取りに使用したペーパータオル等は、ビニール袋等に入れ、密封して処分します。
また、ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、便や嘔吐物は乾燥させないことが感染防止に重要です。
※ノロウィルスに有効なのは次亜塩素酸ナトリウムだけです。
 消毒液の作り方は、下記のリンク先などを参考にしてください。
 ″ノロウイルス対策 消毒薬の作り方″: http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/infection/poisoning/img/noro-syoudoku-230119.pdf

■治療方法
現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。
このため、通常、脱水症状がひどい場合に点滴を行うなどの対症療法が行われます。
万一、感染を疑うような症状があれば早めに医療機関へ受診しましょう。

※ノロウイルスについて詳しくは、下記のページをご覧ください。
http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/infection/poisoning/index.html

<問い合わせ先>
・ 保健所予防衛生課  電話:078-322-6789
・ “区役所・支所 保健福祉部(あんしんすこやか係)”
http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/phc/info/toiawase.html#03
参考リンク ノロウイルスによる食中毒・感染症
担当部局 保健福祉局保健所 / 予防衛生課結核・感染症係
電話番号 078-322-6789

この情報は役に立ちましたか?
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください(全角500文字以内でご記入ください)