神戸市
神戸市総合コールセンター よくある質問と回答

 ライフステージから探す


 カテゴリから探す


    (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


  FAQ詳細

最終更新日:2018/05/26

FAQ ID        FAQ000083400
カテゴリ 障害者支援 / 手当・助成・年金
質問
重度障害者医療費助成、高齢重度障害者医療費助成について教えてください。
回答
対象となる方が健康保険証を使って医療機関等にかかる場合、受給者証を提示いただくことで窓口で支払われる自己負担額の一部または全額を助成します。
■助成対象
(1)と(2)どちらも満たす方

(1)次のいずれかの障害をお持ちの方
・身体障害者手帳1級または2級
・重度の知的障害
・身体障害者手帳3級と中度の知的障害との重複障害者
・内部障害(※1)の等級が3級の身体障害者手帳所持者
・精神障害者保健福祉手帳1級(※2)
※1内部障害・・・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫、肝臓機能
※2助成対象となる医療は、精神疾患にかかる医療を除く一般医療のみ(精神疾患にかかる医療はすべて助成対象外)

(2)本人、配偶者、扶養義務者(所得調査対象者)すべての方の判定用市民税所得割額(※3)が23.5万円未満
※3 判定用市民税所得割額とは、住宅借入金等特別控除、寄付金税額控除及びふるさと納税のワンストップ特例控除適用前の市民税所得割額から、16歳未満の扶養親族1人につき19,800円、16歳以上19歳未満の扶養親族1人につき7,200円を控除して算出した額。

■一部負担金
医療機関等の窓口で下記の一部負担金をお支払いいただきます。
外 来:
1医療機関等あたり1日600円を限度に月2回まで(1,200円まで)
<低所得者※4・高校生以下※5の場合>1日400円を限度に月2回まで(800円まで) 
<重症心身障害児(者)>自己負担なし(無料)※6

入 院:
定率1割負担、ただし、1医療機関あたり負担限度額:月額2,400円まで
<低所得者※4・高校生以下※5の場合>1医療機関あたり負担限度額:月額1,600円まで
<重症心身障害児(者)>自己負担なし(無料)※6
・中学生以下の児童が入院した場合は自己負担なしです。窓口ではいったん上記自己負担額をお支払いいただき、後日申請により償還払いします。
・連続した3か月において入院のある場合(長期入院)4か月目以降の一部負担金の徴収なし〈無料〉(※7)

※4 低所得者とは
助成対象となる障害者と同一生計を維持する関係にある方全員(障害者本人・配偶者・扶養義務者)について、市民税が課税されておらず、かつ、公的年金等の収入金額と合計所得を加えた額が80万円以下である場合をいいます。(低所得者を判定する際の所得は地方税法上の各種所得控除前の所得です)。
※5 高校生以下とは
18歳の誕生日の前日以降、最初の3月31日までの間にある方をいいます。
※6 重症心身障害児(者)とは
肢体不自由の身体障害者手帳1級または2級と重度の知的障害(療育手帳A判定等)を重複して有する障害児(者)の方をいいます。
※7 長期入院の場合でも、保険診療対象外で実費とされている費用や、入院時の食事負担等については、別途負担していただく必要があります(重症心身障害児(者)の入院の場合も同様です)。


<問合せ先>
各区役所・支所 介護医療係

***** 関連FAQ *****
子どもが生まれたので,こども医療費助成を受けたいのですが,どのような手続きをすればよろしいでしょうか...
こどもが医療費助成を受けているが、保護者である父(母)が転職(退職)したため、こどもの加入している健...
こどもが兵庫県外で病院を受診した際、受給者証を使用することが出来ず、健康保険の自己負担分を支払いまし...
参考リンク (高齢)重度障害者医療費助成
担当部局 保健福祉局高齢福祉部 / 国保年金医療課(医療担当)
電話番号 078-322-5222

この情報は役に立ちましたか?
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください(全角500文字以内でご記入ください)